ファーストペンギンプロジェクト

【ファーストペンギン】

ペンギンは、最初に行動を起こした一羽に皆が従う習性があります。
最初に海に入るという勇気ある行動をとる一羽をファーストペンギンと呼びます。

老朽化した賃貸住居があります。
賃貸住居の在り方、1階の閉鎖されたスペースの在り方を考慮し、このような建物が、街や住まい方を豊かにしていく方法を探ります。
同様の建物に刺激を与え、街の活性化につながる契機となる提案です。

A 閉ざされたシャッターを開け、屋根のある公園を街に開放させ、街を美しく楽しくするための提案

シャッター通り
シャッター通り

はじめに

地方都市は、市街地過疎化の波をもろに受けています。
老朽化建物の解体による空き地の増加、 シャッター通り と言われる空き店舗の増加によって、街の楽しさは失われつつあります。

分析

 空き地 は、コインパーキング」「 空き家 は、コインランドリー」という現状は、生活の利便性は向上するものの、街の景観に寄与するものではありません。
閉ざされたシャッターの店舗は、昼も夜も、 街を殺風景 にしています。
空き店舗の存在が 逆に街を美しく楽しくする 可能性が求められています。

目的

用途的にも景観的にも貢献していない空き店舗の シャッターを上げ、人が集い、街の景観に貢献 する場所づくりを行います。
空き店舗の今後の可能性を探っていく契機とします。

建物前にテラスと緑を、まちにアートを、夜景を楽しく

プロジェクト(実施案)

1階は駐車スペース、2、3階には6戸の賃貸住居があります。
この特殊条件を活かしながら、1階を街に開き、景観に貢献する場とするプロジェクトです。
1階は、上階の入居者のための 充実したエントランスロビー とし、その場を街にもオープンにし、近隣住民も利用可能な場とします。
 緑 があり、 休息の場 があり、 アート があり、夜は ライトアップ をします。
 自販機は道行く人達も利用 できます。

Visual Portfolio, Posts & Image Gallery for WordPress
緑(植栽)

緑(植栽)

多様な用途に使える広々としたプレイルーム

多様な用途に使える広々としたプレイルーム

道路近くには自動販売機とテラス

道路近くには自動販売機とテラス

エントランスロビーの延長に、入居者達が 共同利用 できる多目的な広々としたスペースを設けます。
この場所は、有料または無料で近隣住民も利用でき、入居者と近隣住民たちの様々な発表の場、出入り自由な ギャラリー ともなります。
1階スペース全体は緑化も含めて、 DIY的手法 でつくります。
くつろぎスペースには、DIYに関連する書籍も常備し、 読書スペース ともなります。

Visual Portfolio, Posts & Image Gallery for WordPress
中央は、読書・食事のくつろぎスペース

中央は、読書・食事のくつろぎスペース

ギャラリー

ギャラリー

DIYstoolを斜め前から

DIY家具

パースペクティブ平面図
オープンテラス

オープンテラス

くつろぎスペース

くつろぎスペース

プレイルーム

プレイルーム

1階プラン
緑豊かなファサードイメージ

B 老朽化、画一化、孤立化した賃貸住居を、多様で進化し続ける共同住宅に変貌させる提案

幽霊ビル
幽霊ビル

はじめに

市街地賃貸住居は、 画一的な間取り と外観で街を退屈にしているように思えます。
一方、古い賃貸住宅は、間取りに現代の生活様式とのずれが生じ、住みにくい住居となりました。
空室が空室を呼び、 幽霊ビル と化しつつあり、都市の美観、安全上の問題となってきています。

分析

現代の都市生活者は 生活様式が多様化 しているにもかかわらず、賃貸住居は入居者が特定できないため、画一的なものとなっています。
様々な生活スタイルに 対応できる賃貸住居 の供給が期待されます。

目的

あるものから選ぶしか方法のない現在の賃貸住居の形式に対し、自分の要望に沿った形で住まいを カスタマイズ できる形式の 賃貸住居 の分野を作ります。
さらに共同住宅の共同空間に対しても入居者参加の形式を作り、入居後の建物への所属意識を高めていきます。


プロジェクト(実施案)

2、3階の6戸の住居の内部を解体して スケルトン とし、 最低限の水廻り (キッチン、トイレ、シャワールーム)をコアとして集中させ、その他は入居者の自由な空間構成に任せます。
退去時に、原則現状復旧を要求しないこととし、入居者の自由度を高めます。
また、廊下、階段の 共用部の緑化 を行い、入居者の管理とします。

スケルトンに最低限の設備、共用部に共同管理の緑、水廻りコアプラン
DIY事例の模式図
2,3階プラン
先頭に戻る